事務所紹介

沿革

中川国際特許事務所は、創業者である初代所長 弁理士 中川周吉により1969年(昭和44年)に開設されました。
平成4年には電子出願制度のオンライン端末を導入し、同時に年金管理、審査請求等の期限管理をコンピュータで管理を行うシステムを導入して出願案件の管理を行っています。
平成19年10月に特許業務法人中川国際特許事務所として法人化し、業務を行っております。

業務内容

特許、実用新案、意匠、商標、およびこれらに関する外国出願を取り扱っています。

取り扱い技術分野

企画サービス部(新設)

以下の業務を担当する「企画サービス部」を新設しました。

1. 技術開発の源流に遡って出願コンサルティングを実施します。

2. 特許部門を持つ余裕のない中小企業やベンチャー企業では、当事務所が御社の特許部門を担います。